飾工房

飾工房:貴金属加工専門店

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネックレスとペンダント                     by.yuko

今日はちょっとした豆知識です。

「ネックレス」「ペンダント」って言いますが
何がどう違うかわかりますか?

「ネックレス」は英語で「necklace」 
勘違いされやすい「Neckless」(直訳すると”首がない”)ではなく
Neck=首 Lace=紐 で
真珠のネックレスのようにそれ自体が装飾となるものを指しています。

一方のペンダントは
pend(ぶら下げる、つりさげる)が語源で
要するにチェーン等からぶらさげて用いる種類のものを
一般的にペンダントと呼んでいるのです。

ちなみにぶらさげるもの自体を
「ペンダント・トップ」または「ペンダント・ヘッド」と呼んでいます。

でもはっきり言ってあまり厳密には区別されていません。
なんとなく雰囲気の良い方を使ったりされています。

口に出して言う時、どっちかな?と一瞬とまどう方も少なくないはず。
でも、どっちでもいいですよ。

あえて言うとしたら
一般的に商品自体がネックレスであることの方が少ないと思うので
ペンダントと言っておけば間違いないかもしれません


スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ | 豆知識 | 14:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メンズ オーダーメイドのペンダントトップ

オーダーメイドで制作したメンズのペンダントトップです。

お客様からのオーダーのイメージは

ひし形のアレンジで、夏っぽい雰囲気、夏っぽい石。
太陽のフレア
太いチェーンを通したい

とのことでした。

そのイメージをもとに制作したのがこちらです。

石は画像では黒っぽく見えますが、実はサファイアで
深い深い蒼色をしているため
残念ながら画像ではこんな感じですが、深いブルーです。

DSC02221_convert_20100422182430.jpg

使用する石の具体的なオーダーはなかったので
オーダーは夏っぽいイメージということでしたが
暖色系ではなくあえてサファイアを選択し
冷たい太陽を熱く見せるような雰囲気で創ってみました。
・・というか
太陽を受けるその人自身をサファイアに例えたというか・・・
そのあたりの解釈は人それぞれだと思いますので
詳しくは省略します。

ちなみにこちらのペンダントは男性へのプレゼントだそうです。
気に入っていただけると良いのですが。
オーダー、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ | オーダーメイドペンダント | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

B.M.Tリング ゴールドでのオーダー

BMTリングです。
おなじみ、飾工房の定番ですが、
この2点は極めつけ。
K18イエローゴールドのペアです。

ノーマルはシルバーとゴールドメッキのみを販売していますが
本当は、本物のゴールドがいいんです。でも高くなりすぎてしまうので・・


時々このようなオーダーをいただき、とても嬉しく思っています。
しかもなんとこちらのリングを結婚指輪にしてくださるそうで!

ab250_20100417172718.jpg

嬉しいです。かっこいいです!


本当にありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ | BMT | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はかり

秤(はかり)のおはなし。
僕の上皿天秤のコレクション(?)です。

上皿天秤とは片方に量りたい物をのせて
もう片方に少しずつ重りをのせて
目盛りの真ん中を針が指したら決定、
という超アナログなマシンです。

DSC02153_convert_20100404160647.jpg

中でもお気に入りが画像一番手前の秤。
昔むかしの薬屋さんが使っていた物を手に入れました。

これ、なんと上皿がべっ甲でできてるんです。

べっ甲とはタイマイというウミガメの一種の甲羅のことで
その軽さと加工の容易さから、ジュエリーだけでなく
古くは和髪を結う櫛や簪
また、眼鏡のフレームなどにも使われていました。

今ではべっ甲の取引は禁止されているので
新たに手に入れることはできません。
そんなべっ甲を使用している、古くて貴重な秤です。

DSC02154_convert_20100404160741.jpg

といっても今では僕もデジタル秤を使っているので
これはただのコレクション。
さすがにまったく実用的ではないもので・・・

でもかつてはこういった天秤を使っていました。
息を殺して、重りをのせて。

ただ重さを量るだけの作業が
ジュエリーを作る作業のひとつのように真剣で
神聖なもののように感じられた頃を思い出させる逸品です。

ブログランキング・にほんブログ村へ | 豆知識 | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。