飾工房

飾工房:貴金属加工専門店

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ペットの遺髪入れペンダント

ペットの遺髪(遺毛)を入れるペンダントのオーダーです。

飼い主の女性が海が好きということで
鯨のしっぽのデザイン。

ご本人の誕生石・パールと
その周りは亡くなった犬のペコちゃんの誕生石
サファイアを5カラーちりばめました。

080719a_20100530173810.jpg

そしてポイントはこの裏面。
ガラスでフタをしてあるので
いつでも遺髪を見ることができます。
DSC02298_convert_20100530173708.jpg

いつも一緒にいられるので
亡くなったペコちゃんも淋しくないかも。

オーダー、ありがとうございました

ブログランキング・にほんブログ村へ | オーダーメイドその他 | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気持ちたっぷりのプレゼント

岩手県の方からいただいたオーダー。

大好きな彼女にめいっぱいの気持ちを込めたリングを贈りたい!と
リングの表にも裏にも
たっぷりのメッセージを込めて。

センターにはアクアマリン。


DSC02241_convert_20100519180757.jpg


その後このリングを指につけて
満面の笑みを浮かべる彼女の写真を送ってくれました。

幸せそうな彼女をみて
こちらも幸せになりました。ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ | オーダーメイドリング | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日はボブマーリーの命日です

今日5月11日は
ボブ・マーリー、本名ロバート・ネスタ・マーリーの
命日です。

亡くなったのは1981年。
29年も前です。


41HCV6B1MCL[1]

ボブの曲を初めて聴いたのはいつだったか・・・

ボブが大好きで、このリングを作ったのはもう15年くらい前のこと。

BMTというブランドをたちあげて約7年が経ちました。


bmtring.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ | 工房日記 | 17:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アクセサリーとジュエリーの違い               by.yuko

ジュエリーと呼んだりアクセサリーと呼んだり
なんだかまぎらわしいので、ちょこっと解説です。


ジュエリーと呼んでいいものには、
実は定義がありまして
”金・銀・プラチナ類といった貴金属を使用し
天然あるいは人工の宝石素材のみを使用したもの”です。

一方のアクセサリーには、素材の限定はなく、イミテーション素材も含み
装身具のみならず身辺雑貨をも含んでいます。

そんなわけで二つの呼び名があるわけです。

厳密に区別する必要はないんですが
貴金属や宝石を扱うひとたちは
ジュエリーはジュエリー、アクセサリーはアクセサリーと
どっかで区切りをつけているようです。

なんとなく堅苦しい感じの”ジュエリー”という言葉
堅苦しいのは嫌いな飾工房でも、あえてジュエリーと表現するのは
そういった意味があるからなんです。

*余談*「アクセサリーの語源について」は続きを

≫ 続きを読む

ブログランキング・にほんブログ村へ | 豆知識 | 12:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BIRTHDAY PRESENT

4月生まれの彼女に誕生日プレゼントのリングを、
とのオーダーをいただき制作しました。

ピンクゴールドに誕生石のダイアモンドを3石。
合計0.14カラットのダイヤです。

デザインの指定は特になくおまかせだったので
全体的に動きがあって個性的な
シャープできれいめなデザインにしました。

DSC02236_convert_20100505125841.jpg
ちょっと画像ではわかりにくいかな・・
DSC02235_convert_20100505125916.jpg

気になるオーダー価格は、だいたい7万くらいです。
持ち込みはないのでダイヤも込みの価格です。

*オーダーいただいた方は知り合いなので公表しています
 通常、価格の公表はブログではしておりません。ご参考までに。

ブログランキング・にほんブログ村へ | オーダーメイドリング | 13:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アクセサリーの修理

なんでも直します(直す努力をします)が、飾工房のテーマのひとつ。

壊れてしまったジュエリーはもちろんのこと
(これはどこのジュエリーショップでも受けてもらえますが)
飾工房はイミテーションのアクセサリーも出来る限り直します。

こちらもそのひとつ。
シャネルのピアスですが、フック部分が根こそぎ折れてなくなってしまいました。
シャネルのアクセサリーはお値段は高いけれど、素材はイミテーション。

DSC02233_convert_20100501164421.jpg

イミテーション素材は修理などの加工が困難です。
そういった加工はしないことを前提に安価な素材で作られています。なので
壊れてしまったら終わり、というのがあたりまえといえばあたりまえの考えです。

そのため一般のジュエリーショップではほとんど修理を受けません。

でも大切な人からのプレゼントだったり、思い出が詰まっていたり
壊れてしまってもどうしてもあきらめきれない物も少なくないはず。

だから飾工房では出来る限りのことをして直す努力をします。
イミテーションの修理を始めてから長くなりますが
お客さんに喜んでもらえるのが何よりうれしいです。

こちらのピアスを持ってきていただいたお客様も
いろんなところで断られて、最後にここ飾工房へお越しいただきました。
もちろん修理させていただき、喜んでいただけました。

「ここで直してもらえなかったら多分どこでも無理ですね」とお客さん。
きっとそうです。・・と、思います。
知っている同業でもイミテーションの修理をやってるところはないです。
うちを見つけていただいて本当に良かったです。ありがとうございました。


でもある日、なんでも直してくれるんだろ?と
”財布のファスナー部分が破れちゃったから直してほしい”
というおじいさんがみえました。

さすがにこれは・・・お裁縫的な修理だったので無理です・・・
金属の加工だけですからね

ブログランキング・にほんブログ村へ | 工房日記 | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |