飾工房

飾工房:貴金属加工専門店

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

名前のキーホルダー

奥様への誕生日プレゼントにと
キーホルダーのオーダーを承りました。
素材はシルバーで
お名前をデザインしたもの。

奥様は矢沢永吉さんのファンとの事で
ロゴの雰囲気を似せたデザインを
取り入れたいとのことでした。

そこで、こちらからは
ローマ字と平仮名の2パターンの
デザインをご提案させていただきしました。
あのロゴの雰囲気に似せて
オリジナル要素もプラス。
シルバーキーホルダー

わりとありがちなローマ字よりも
平仮名の方が面白味があるとのことで
こちらをチョイス。
完成品がこちらです。


奥様にも気に入っていただけた様で
とても嬉しいです。
オーダーありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ | オーダーメイドその他 | 15:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幅の広いリングのサイズ直し

こんにちは、職人のヨメです。

今回はリングのサイズ直しの中でも
幅の広いリングの直しについて
ご紹介させていただきたいと思います。

今回はこちらのリングを
3号大きくするようです。
リングのサイズ直し

まずは切って


地金を足して、くっつけて


削って仕上げて、完成。
所要時間はだいたい30分くらいでした。

このような幅の広いリングも
問題なく修理できます。
と、いう説明はいつもと同じなのですが
今回はもう少し突っ込んで
実際の加工の方法について
お話させていただきたいと思います。

リングをカットして
大きくする分の地金を付け足す、と
簡単に説明しましたが
これが実はなかなか
簡単ではないようなのです。
ここらは分かりやすいように
絵でご説明したいと思います。
下手くそな絵でごめんなさい。

まずはカット。
が、この切り口が問題


サイズを大きくするために
このように両側へ広げますが

そうすると、必然的に円は歪みます。
元はまん丸だったのが、楕円に。

楕円になると
切った時には真っ直ぐだった切り口の断面も
角度が出て、斜めになってしまうのです。
お分かりいただけるでしょうか。
(下手な絵で切り口部分の拡大を
 おおげさに表現しております)


そのため、追加する地金はあらかじめ
この角度に合わせて削っておくのだそうです。
要はこんな感じみたいです。


そう言われてみればなんとなく
追加した地金の角度が、まっずぐではなく
斜めになっているような

なるほど、と思いましたが
私はこれを知った時、びっくりしました。
理屈は、分かるのですが
切った断面の、ほんのわずかな角度を
感覚だけで合わせていくなんて……

でもこの、地味とも思える精密な作業を
正確にやらなければ
仕上がりに差が出てしまうみたいです。

矢印のあたりが地金を足した部分だそうです。

跡も歪みも凸凹も全くない。
アッパレ!




ブログランキング・にほんブログ村へ | 修理 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

他店で断られてしまう、リングのサイズ直し

先日、こちらのリングの
サイズ直しをさせていただきました。

リングを持ってみえたお客様の話では
購入店でサイズ直しを頼もうとしたのに
これは出来ないと
断られてしまったんだそうです。
それで困ってしまい、飾工房へ

リングのサイズ直し
確かに断られるのも
無理はないかもしれないです。

理由は、石です。
こういったリングの場合
修理の際に石が外れてしまうリスクが
とても高いからです。

サイズ直しの際は、下画像の様にカットして
形を整え、再びつなぎ合わせるのですが
熱や力を加えることで
石を留めている爪にも影響してしまう。

まず矢印の部分の石は間違いなく
落ちてしまうと思われます。
加工の際、やはりとれてしまったので
後に留め直しをしていますが……


石がいくつ外れてしまうかは
実際にやってみないことには分かりません。
最悪の場合はボロボロと
たくさんの石が外れてしまう事も考えられます。
もっと最悪な場合は
トップ部分の石までも、外れてしまう。
そうなると、もうお手上げです。

こういったリスクが多く考えられる場合、
一般の宝石店では修理を断る事が
ほとんどのようです。

飾工房では、職人が直接、物を確認し
考えられるリスクや費用などについてお話し
お客様には予めご納得していただけるので
難しい修理も可能になるのですが……
もちろん、それなりの技術と経験も。
でも一般的な宝石店でそこまでの対応は
なかなか難しいというのが現状のようです。

こちらのリングは
多少の石とれはありましたが
問題なく修理を終えることが出来ました。

他店で修理を断られるケースは
この他にも色々とありますので
またご紹介できればと思います。






ブログランキング・にほんブログ村へ | 修理 | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石のリカットから、ピアス制作

お客様からこちらをお預かりしました。

片方だけのピアスと
石はトルマリン。

ピアスのもう片方は
無くしてしまったそうで
右側の石を加工して
同じ物を作って欲しいとの事でした。
石のリカットからピアス制作
まずは右側の石を
同じ形にリカットです。
これは宝石加工の専門の職人さんに
やっていただきます。

熟練の職人さんによる、さすがの仕上がり
右側がリカットした石です


ここからはピアスのパーツを作ります。
18金を板状に加工し


石の形に合わせて曲げていきます


石が変則な五角形なので
合わせるのがちょっと難しいです。
こんな感じにして……

(中略)

こちらが完成です。

石の色合いだけは微妙に違いますが
ほぼ同じに仕上がりました。

オーダーありがとうございました!




ブログランキング・にほんブログ村へ | オーダーメイドピアス | 12:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |