飾工房

飾工房:貴金属加工専門店

2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

金ロー

リングのサイズ直しや
チェーン切れの修理など
金属と金属をくっつける時に必須なのが
このロー材。

プラチナにはプラチナ用の
シルバーにはシルバー用のロー材が
それぞれありますが
これは18金用

ペラペラの板状です。
これを細かく切って使用します。

くっつけたい所に
小さくカットしたこのロー材を置いて
火で、溶かし入れる感じです。

18金ですが
18金よりも融点が低く作られているロー材。
これがあるからこそ
きれいにくっつける事ができるのです。


ちなみにこのサイズで
約1万円します。

高いですねぇ。





ブログランキング・にほんブログ村へ | 工房日記 | 13:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

折れたバングルの修理

シルバーのバングルが
ポッキリと折れてしまったものです。

(修理前の画像を撮り忘れ
すでにくっつけている所)
折れたバングルの修理

よく見ると裏側に
地金を張っているのが分かります
矢印の部分
折れたバングルの修理
これは補強の意味もあります。
もともと薄く弱い所だったので
単にロウ付けするだけだと
すぐに折れてしまうのは確実。

そのため
薄い銀の板を裏張りするのです。

しっかりとくっつけたら
余分な部分を削り研磨

裏側は凹凸ができますが
修理前よりも頑丈な仕上がりに。
もちろん表からは分かりません。

今回の修理代金は5000円でした。

バングルの修理も色々ありますので
これは一例にすぎませんが
ご参考までに。

ブログランキング・にほんブログ村へ | 修理 | 12:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シルバーリングのサイズ直し・幅広タイプ

飾工房へのお問い合わせの中で
一番多いのがサイズ直しです。
修理の可否はもちろんのこと
やっぱり気なるのは
料金ですよね。

ということで
料金詳細の一例をご案内します。

今回、素材はシルバーで
リングの幅が広いタイプです。

14号から18号へ
4号大きくします。



これはすでにカットして広げたものと
足す分の地金。
リングのサイズ直し
加工部分が
けっこう大きめなのがお分かりいただけます

こうした幅の広いリングは
通常のリングに比べ
倍以上の手間がかかります。

なので今回は
基本料金が1000円
シルバー4号アップで
1号200円x4=800円、
イブシ加工500円も行いましたので
トータル2300円となりました。


同じようなタイプで
他店では5000円~8000円だと言われた、
という話もよく耳にし
高いなぁと、同業者ながら驚く事が多いです。

でも実際、
こうした修理自体をやらない所
(やりたがらない所)が多いみたいです。




リングにも様々なデザインがありますので
これは一例にすぎませんが
また別のタイプのサイズ直しなども
ご紹介できたらと思います。


ちなみに出来上がりがこちら。
リングのサイズ直し
画像では分かりにくいですが
つなぎ目などは全く分かりません


ブログランキング・にほんブログ村へ | 修理 | 14:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |