飾工房

飾工房:貴金属加工専門店

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

真珠ネックレスの糸交換

こんにちは、職人のヨメです。
今回は、真珠ネックレスの糸・ワイヤー交換について
ご案内させていただきたいと思います。

飾工房では
冠婚葬祭で用いられるような
一般的な真珠ネックレスの場合
基本的に糸の交換は1500円(*1)
ワイヤ交換は500円で承っています(*2)


この価格は、安いです。

百貨店やショッピングモールなどでは
おそらくこの値段の倍か
それ以上にかかる事も珍しくありません。

用いる素材や技術は何も変わらないので
ぜひ安心してご利用いただければと思います。

さて、交換するのには
糸とワイヤーがある訳ですが
どちらの方が良いのかと
訊ねられる事がよくあります。

基本的にはどちらでも問題はありません。

昔は絹糸が用いられるのが一般的でした。
絹糸はしなやかで
真珠を傷つけないという利点がありましたが
しかし絹糸は劣化しやすく
伸びたり切れたりといった難点があり
あまり用いられなくなりました。

その代わりに
現在ではナイロンやポリエチレンといった
伸びにくく切れにくい化学繊維が用いられています。

こちらは飾工房で実際に用いる糸です。
GPTという真珠専用の特殊な糸で
とても丈夫で切れにくく、伸びにくいです。
真珠ネックレスの糸交換
実は糸交換の場合は、ワイヤー交換に比べ
倍以上の手間とコストがかかります。
そのため修理代金はどうしても高くなります。

一方のワイヤーは加工が比較的容易なうえ
価格も糸よりは安価なため
どちらかというと今では
ワイヤーが主流になりつつあるようです。

こちらが飾工房で実際に使用する
真珠専用のワイヤーです。
真珠ネックレスのワイヤー交換
ナイロンコーティングされているので
真珠を傷つけるということはありません。
もちろん丈夫で、伸びにくいです。

と言うことで、
どちらを選んでいただいても大丈夫です。
飾工房ではお客様のご要望に合わせ
加工いたします。


しかしワイヤーでも糸でも
絶対に切れない、伸びないという事はありません。
どちらの場合でも、定期的な交換をお勧めしています。


(*1)
オールノットの糸交換の場合は2500円です。
オールノットとは、全ての真珠と真珠の間に
糸の結び目が入っているものを言います。
万が一、糸が切れても結び目があるため
真珠が全て飛び散るような事には
なりにくいというメリットがあります。

(*2)
クッション材を入れた糸・ワイヤー交換は1500円です。
真珠同士の摩擦を予防するため
全ての真珠の間に
シリコン製の小さなクッション材を入れます。

ブログランキング・にほんブログ村へ | 修理 | 15:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazarikoubou.blog43.fc2.com/tb.php/567-603c1521

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT